次々回作のタイトルをこっそり公開したよ

 なんだかもう、自分が気付かない間に世界が色々と変化して行っているんじゃないかというくらい時間ばかりが過ぎている気がする。知った風な言葉でお茶を濁そうとして濁せていないことはさておき、次回作の続報すらもないまま次々回作のタイトルを公開してみた。ちっ、ATOKがまた変な変換をしてる。まあいい。どう設定を変えたところで昔の賢かったATOKにはもう会えない。

 そういえばワードプレスのエディターが近未来的、いや革新的というか、独創的とでもいえばいいのか……まあとにかく使いにくい。慣れればアウトプットしやすそうだけど、そこまでワードプレスを触る機会もないのだから慣れない。いつまで経っても新鮮な気持ちで苦痛を味わえる。ドMに優しいね。

 また話が脱線していた。次々回作だよ、次の次。次回作の作業もちまちまやってるんだけどね。どちらかといえば次々回作の方が頑張ってるっていうかね。大したボリュームではないのよ。でも最近公開していたタイトルとかに比べたらそこそこボリュームがある方。まだシナリオに取りかかれていないんだけども、プロット段階での最低容量が300kbってところで、実際は筆が進んでもっと増えるだろうと思ってる。多分減ることはないはず。

 それで結局次々回作は何なんだと。勿体ぶって何も話さないのかと。そろそろ石でも投げつけられそうだからこっちにも書いておくけど、タイトルは『擬態するコノハチョウは枯れ葉よりは強く、枯れ葉よりも脆い。』ってやつ。ちょっと長いね。もっと短くできそうだよね。でもいいんだ、これで。これが多分一番いい。ここからどう変えようとしたところで、今更このイメージは覆らない。

 作品の形式はというといつも通りのノベルゲーム。……ごめん、それはやっぱり違うかもしれない。ノベルゲームには違いないけど、これまた久しぶりにテキストの表示方法が全画面。最近出したフリーゲームがそうだったよね、なんて突っ込みは聞きたくない。個人的にはあそこからの流れなんだよね。全画面にしたい。やはり全画面はいい。これしかない。そんな短絡的な発想が原点。

 また何か意味の分からないことをだらだらと書いてしまいそうだから、もう少しだけ内容に触れて締めようと思う。次回作は頭の悪い短編(掌編)で、次々回作はグロありの中編と思って貰えると嬉しい。そこまでグロくはないけど、グロじゃないかっていうと違う感じ。人は死ぬし、おかしくなる。コノハチョウは擬態する。より強く、より脆い枯れ葉へと。

 次の更新がいつかは分からないけど、よかったら待っててね。

Comments are Disabled